進学留学ー高校生・大学生・社会人のための留学

留学TOP > 海外大学進学

海外大学進学

高校を卒業した後の進学留学・大学生活を終えた後の大学院入学、社会人になってからキャリアアップ・・・世界に広がるあなたの可能性に目を向けてみてください。カプラン独自の幅広いファンデーションスタディ、ビジネスディプロマ、専門技能のサーティフィケートは、世界中の大学やカレッジへの道につながっています。提携校も多く、進学コースも設けているKaplanでは他の語学学校にない進学率の良さを誇っています。カプランとともに、国際人をめざしましょう。
アメリカでの大学進学 イギリスでの大学進学
アメリカの大学進学にはTOEFL試験のスコアを取得しなければなりません。アメリカの留学生にとって、2年制大学(College)から有名4年制大学(University)へ編入、卒業というスタイルが主流(費用は最小で成功率が高い)です。Kaplanでは、出願時にTOEFLスコアをクリアしていなくても、渡航前にカレッジから入学の内定を得ることができる『TOEFLスコア免除コース』を設けています。渡航前に入学するカレッジが決まっていますので、留学後は入学するための英語レベルの到達に向けて勉強に専念できます。 イギリスの大学はCollegeやUniversityと呼ばれ、通常は3年間で卒業します。
Kaplanでは進学特別コースが3つ(Pre-Master, International Foundation Certificate, Certificate of Higher Education)設けられており、目標や専野分野に合わせてワンランク上の大学を目指し、コースを選びます。提携校の多いKaplanでは、どの語学学校よりも高い進学率を誇っています。
アメリカの大学院進学(GMAT/GREについて) イギリスの大学院進学
アメリカの大学院は2年間です。その学歴は、国際的に広く認められており、専門分野のエキスパートとして、国際ビジネスの現場で活躍する門戸が開かれます。アメリカ大学院に入学するためには、TOEFLのスコア以外にGMAT/GRE試験のスコアが必要です。アメリカ人もKaplanに通いGMAT/GREのコースを履修するほど特殊な試験です。大学院への進学を強く望む方には、ほかの語学学校にはないKaplanのGMAT/GREコースで目標を現実にできるはずです。 イギリスMBAの大きな特徴の一つは、通常1年間のプログラムで、費用を抑え、しかも短いキャリア・ブレイクで挑戦できることにあります。イギリスのMBAコースには、GMATスコアの提出義務を設けていないところがほとんどです。しかし、実際に大学院進学を実現するには、専門分野の知識や高い英語力が必要なため、Kaplanでは大学院進学のための特別コースを設け、1年間のPre-MBAコースで大学院入学を保障しています。

アメリカでの大学進学方法

アメリカの大学に進学する方法は、2つあります。
パターンA:コミュニティーカレッジ(2年制)を卒業して、4年制の大学の3年生に編入する方法。
パターンB:4年制大学の1年生から入学する方法。
アクセス留学センターでは、次の理由により、パターンAをお勧めしています。
1. 費用を抑える(コミカレの学費はユニバーシティーに比べ半額ほどになります。)
2. 成績を確保する(コミカレの成績が大学の入学先を決めます。コミカレ高成績でワンランク上の大学に入学。単位移行ができるため、卒業を確実にします。
3. Kaplan では特別に進学向けのコースを設けており、英語力に不安のある方も徹底したカリキュラムでコミュニティーカレッジ入学を実現します。

Kaplan International Colleges アメリカ進学準備コース

パターンA English +College Degree
参加資格:
TOEFLiBT 47以上
Kaplanでは、4年制大学編入を留学生にも有効に使っていただくために、3つのコミカレとタイアップし、留学生が苦手とするTOFLE免除入学を取り入れています。このプログラム参加者は渡米前からコミカレへの進学が決まっているため、Kaplanで一定の英語力に達するまで徹底した基礎を身につけTOEFL免除でコミカレへの入学が約束されています。

アメリカの進学システム

GMAT/GRE Preparation 大学進学準備Intensiveコース アメリカ4年制大学編入 大学進学準備TOEFL Intensiveコース Certificate

※図の中の番号をクリックすると説明箇所にジャンプします!

GMAT・GREコース
大学院入学には、TOEFLスコアだけでなく、GMAT・GREというテストのスコアも必要です。現地のアメリカ人もKaplanのGMATコース・GREコースなどを利用し、スコアを確実に伸ばしています。
進学準備 TOEFL コース
日本の大学・短大を卒業したあと、単位を移行して、アメリカの大学に編入し、2〜3年程度で卒業することができます。TOEFLのスコアをクリアすれば、短期間でアメリカと日本の大学を卒業することができダブルメジャーを取得できます。*大学によっては単位の意向を認定されない場合もあります。
アメリカ大学進学
あなたのTOEFLスコアで進学先が決まります。Kaplanでは目指す大学への進学に留学生の多くが苦手とするTOEFL取得に力を注いでいます。TOEFL専門コースで集中的に学ぶことで、進学を確実に進めることができます。
進学準備 Intensive English コース
大学規定のTOEFLのスコアを取得するだけでなく、大学の授業についていけるだけの英語力・ディスカッション力をつけなければ、たとえ、直接入学できても授業についていくことは大変困難です。まずは語学学校に入学し大学進学準備を進めることをお勧めします。
休学を利用した留学
日本の大学を休学し、英語力を磨くため1年間〜2年間を語学留学される方は年々増えてきています。国際力を身につけるには英語力を身につけることが不可欠です。
Kaplanでは就職に有利なTOEICや、ビジネス英語など即戦力を短期間で身につけられます。
Certificateについて
ワンランク上の留学を目指すなら、限られた期間を英語を磨くだけでなく、アメリカの大学でCertificate(サーティフィケイト)と呼ばれる専門課程でのコース修了認定取得を目指すことができます。休学中に英語力を磨き日本とは違う専門科目を学ぶことで視野や実力を広げることは就職にも有利です。
英語+Certificate
Certificate(サーティフィケイト)と呼ばれる専門科目を履修するためには、大学の授業についていけるだけの英語力を要します。語学学校に通って一定の英語力を身につけてから、Certificateを履修する場合があります。
Community Collegeについて
Community College(コミカレ)入学にもTOEFLスコアが必要となりますが、コミカレとタイアップしたKaplanのTOEFL免除コースでは、必要な英語力をKaplan で補うカリキュラムが特別に設けられています。TOEFL免除コースの入学には、シアトルハイライン校がお勧めです。
Community Collegeから編入
有名大学に入学・卒業する近道はコミュニティーカレッジ(コミカレ)からの編入がお勧めです。コミカレの学費は4大よりも比較的安く、取得した単位を4大に移行できるため、現地のアメリカ人も確実な卒業を目指し、この方法をとっています。

イギリスでの大学進学方法

Kaplanのイギリスの大学進学方法には、3つのコースがあります。
以下のコースは大学進学コースとしてKaplan独自の画期的なプログラムです。目的、期間、英語力に合わせた進学のベストプランを選んでいただけます。
パターンA:大学入学の英語力を身に着け提携校を利用し留学するコース。
パターンB:英語力強化プログラムと単位認定のプログラムを併行して履修し、留学期間を短縮するコース。
パターンC:ビジネス関連の有名大学や大学院に入学するためのコース。

どのコースも語学研修・専門課程、個別指導に加え、進学アドバイザーが願書の書き方、インタビュー、大学合格までをトータルサポート。
進学コース一定のIELTSのスコアを必要としますので、コース参加までにIELTSのスコアもしくは、それに相当する英語力を身につけておく必要があります。

Kaplan International Colleges イギリス進学準備コース

パターンA International Foundation Certificateコース
参加資格:IELTS 5.0以上
このコースは、質の高い入学資格として、イギリスのほぼすべての大学で認められています。イギリスの57校と結んだ進学協定により、他の私立カレッジに比べても大学進学への道がより確実なものとなっています。マンツーマンレッスンが月に2回もあり、苦手分野の補修ができるため、授業や成績への心配もありません。3学期には自分の目標とする専門分野を履修し、大学の進学に備えます。
パターンB Certificate of Higher Educationコース
参加資格:IELTS 5.5以上
このコース、ビジネスを学ぶ留学生を対象に、21校の厳選されたイギリスの大学の学士号が、最短期間で取得できる道をご提供いたします。1.2学期は英語力や学習スキルUPを中心に学び、3.4学期にはビジネスの専門課程を履修済ます。専門課程は大学の単位認定を得られるため、留学期間を短縮することができます。
パターンC Pre-Master/MBAコース
参加資格:IELTS 6.0以上
このコースは、イギリスのビジネス関連の名門大学・大学院に進学するための準備コースです。大学に正式認定された授業内容のリストの中から、専攻に最も関連性のある内容を選んで準備プログラムを組みます。
最近大学を卒業されたという方も、現在の実務経験に大学院の学位で付加価値をつけようと思われている方も、イギリスでの大学院教育の難関に立ち向かい、将来雇用先で評価を得られる専門家としての資格をとることができます。

イギリスの進学システム


大学院入学を目指す方には、進学用の特別コースPre-MBA がお勧めです。このコース修了者にはイギリスMBAへの入学が保障されています。しっかり基礎を身に着け、目標を確実なものに変えましょう!

ファンデーションコースに入るにもPre-Masterコースに入るにも規定のIELTSのスコアを取得しなければ、コースの参加ができません。一定の英語力を身につけるため、語学学校に通い進学コースを履修する場合があります。

IELTS6.0以上の英語力をお持ちの方には、大学の認定コース(ビジネス)から受けていただけます。終了後は大学2年時から始められるので、費用や期間を大幅におさえることができます。

ビジネスやマネジメントを専門とした大学に進む方には、大学の認定コース(ビジネス)とともに、大学の授業についていけるだけの英語力を身につけることのできる、画期的な進学者向けのコースです。終了後は大学2年時から始められます。

ファンデーショコースと呼ばれるコースは、大学進学への質の保証された入学資格として、認められています。提携校の多さや、Kaplanの歴史から他のどの私立カレッジに比べても大学進学への道がより確実なものとなっています。

IELTS Preparation コースを履修することでスコアアップを確実なものにします。なかなかあげることのできないスコアをきちんと目標に導くには、専門コースの履修が必要だと考えています。

コース参加に必要なIELTS・TOEFLスコアの取得について

IELTS Preparlation ・ TOEFL English
大学進学には大学が定めた一定のIELTSやTOEFLのスコアが必要です。スコアアップは留学生の方の中には一番の難関と考える方も多いでしょう。Kaplan ではIELTSやTOEFLに特化したコースを設けているため、短期間でのIELTSスコアアップを目指すことができ、進学に大きく前進することができます。

 Intensive English
進学特別コース参加にIELTSのスコアが少し足りない場合は、コース参加前にIntensive Emglishコースを履修し、一定のレベルに到達することを前提に条件付き入学で進学コース参加を認めてもらえる場合があります。Intensive Englishコースでは、徹底的に基礎を身につけられるカリキュラムになっているため、総合力を身につけることで、大学進学に大きな土台となってくれます。




 アクセス留学センターの電話番号:0794-85-6601
留学TOP > 海外大学進学

会社概要利用規約個人情報について