QRコードでLINEの友だちを追加

【2019年1月導入】国際観光旅客税とは?

2019年1月より、日本から海外へ出国するときに1人あたり1,000円の税金がかかることになりました。この税金を「国際観光旅客税」、通称「出国税」といいます。出国時に課税されるため、日本から海外旅行へ行く日本人はもちろんのこと、海外から日本に来た観光客が帰るときにも課税されます。入国やトランジットでの立ち寄りには徴収されません。また、2歳以上の旅行者全員が対象となりますので、春休みや夏休みを利用して海外に短期留学を考えている中学生や高校生も、もちろん対象になります。

では、どうしてこのような税金が導入されたのでしょうか。

現在、日本に旅行に来る外国人は右肩上がりに増えてきています。これから日本は2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック、2025年には大阪万博の開催が控えています。今後ますます増えるであろう日本への旅行者に対応するために、この国際観光旅客税が使われるようです。例えば、出入国をスムーズにするための顔認証システムの増設だったり、外国人旅行者に向けての多言語の案内板の設置などですね。


以下国税局のホームページより:

国際観光旅客税の概要

観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための恒久的な財源を確保するために、「国際観光旅客税」が創設されました。
「国際観光旅客税」は、原則として、船舶又は航空会社(特別徴収義務者)が、チケット代金に上乗せする等の方法で、日本から出国する旅客(国際観光旅客等)から徴収(出国1回につき1,000円)し、これを国に納付するものです。
 国際観光旅客税の概要は次のとおりです。

納税義務者
船舶又は航空機により出国する旅客
非課税等

(注)本邦に派遣された外交官等の一定の出国については、本税を課さないこととする。

船舶又は航空機の乗員

強制退去者等

公用船又は公用機(政府専用機等)により出国する者

乗継旅客(入国後24時間以内に出国する者)

外国間を航行中に、天候その他の理由により本邦に緊急着陸等した者

本邦から出国したが、天候その他の理由により本邦に帰ってきた者

2歳未満の者

税率
出国1回につき1,000円
徴収・納付

① 国際旅客運送事業を営む者による特別徴収(国際旅客運送事業を営む者の運送による出国の場合)

国際旅客運送事業を営む者は、旅客から徴収し、翌々月末までに国に納付
(注)国内事業者については税務署、国外事業者については税関に納付

② 旅客による納付(プライベートジェット等による出国の場合)

旅客は、航空機等に搭乗等する時までに国(税関)に納付

適用時期
平成31年1月7日(月)以後の出国に適用(同日前に締結された運送契約による国際旅客運送事業に係る一定の出国を除く)

外国の出国税について

日本では国際観光旅客税と言われていますが、同じような形で税金を課している国は少なくないようです。もちろん条件や金額の違いはあります。徴収の方法も、出国時に現地で現地通貨で支払う国や前払い、事前に入国を申請する際に支払う方法や、航空券の価格に含まれる場合などさまざまです。いくつか出国税を導入している国をあげてみました。比べてみると、1人1回の出国で1000円の日本の税額は他国よりも割安かもしれませんね。

アメリカ
査証免除国からの渡航者を対象としたオンライン渡航認証システムESTAの申請手数料14USドルが必要。(10USドルを観光促進基金に充当)
カナダ
出国税はないがオンラインビザETASが必要。料金は7カナダドルで5年間有効。出国時に保安税が徴収される。※空港により金額が異なる
イギリス
渡航先への距離や飛行機のクラスによって異なり、都市によっても異なる。ロンドンから日本だとエコノミークラスでは78ポンド、それ以外では158ポンド。
オーストラリア
60オーストラリアドル
フランス
8ユーロ
ドイツ
渡航都市によって変わる。日本へは41.97ユーロ程度。
韓国
航空旅客10,000ウォン。船舶旅客1,000ウォン。
香港
120香港ドル
中国
90元

国際観光旅客税の支払い方法

国際観光旅客税はどのように支払うのでしょうか。税金だからといって旅行者が空港などで旅客税として1,000円を支払うわけではありません。航空会社や船舶会社がチケット料金に上乗せする方式(特別徴収)で旅客から徴収し、国に納める仕組みになっています。旅行者はチケットを購入する時に燃油サーチャージや空港使用料などと一緒に、旅客税も支払うことになります。

中学生や高校生が旅行会社などの留学プログラムを利用する場合は、旅行代金はツアー会社に支払います。国際観光旅客税などの税金はたいてい旅行パンフレットの「費用に含まれないもの」の項目に記載されていますので、確認をしましょう。通常、諸費用は出発の前にまとめて請求書されるので、空港などで別に納付する必要はありません。

アクセス留学センターの短期留学プログラムに参加されるみなさまは、出発前に日本旅行より旅行代金と一緒にご請求させていただきますので、ご安心ください。


お問い合わせ・資料請求

中学生・高校生・大学生
短期留学または長期留学をサポートいたします。

QRコードでLINEの友だちを追加


人気記事ランキング