Original

オーストラリア観光ビザ ETAS(イータス)

海外旅行に行くときにはパスポートが必要です。しかし、実はパスポートだけでは海外旅行に行くことが出来きず、あわせてビザを取得する必要がある国々があります。その一つにオーストラリアがあります。オーストラリアへ旅行する際には、ETAS(イータス)という観光ビザが必要になります。3ヶ月以内の短期留学でオーストラリアで留学する際にも、このETAS(イータス)を取得する必要があります。ここでは、そのETAS(イータス)についてご紹介します。


パスポートとビザ

パスポートは日本政府が国外に旅行する人に対して国籍や身分を証明するものです。

対してビザは、旅行先の国が入国を許可するために発行する「入国許可証」です。日本語では査証と呼ばれています。海外旅行には本来はパスポートとビザが必要です。

ただ、日本のパスポートを持っていれば、多くの国々への一定期間の旅行に対してはビザ免除が許されています。それは、日本のパスポートが世界的にとても信頼されているからです。行きたい国にビザが必要かどうかは旅行前に必ず確認しておきましょう。また、ビザ免除の場合もいろいろ条件がありますので確認しておくといいでしょう。


ETAS(イータス)とは

オーストラリアは観光ビザが必要な国です。オーストラリアビザにはいくつかの種類がありますが、3か月以内でオーストラリアを観光や留学、仕事で訪れる場合、ETAS(イータス)という観光ビザが必要になります。ETAS(イータス)とは、「ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEM(電子旅行許可システム)」の略で、短期滞在用の電子タイプのビザのことです。中学生や高校生が短期留学でオーストラリアを訪れる場合もこのビザが必要になります。

ETASには観光用と短期商用の2種類がありますが、3ヶ月以内の短期留学の場合は観光用ビザになります。ビザを取る手続きは通常とは違い、インターネットで自宅からでも手続きができるので簡単です。もしくは、航空券を取る際に、旅行代理店で申請代行を依頼することも可能です。

ETASは申請を行うと、その情報がオーストラリア移民局で電子的にチェックされ、申請の受諾可否が登録され、通知されるという仕組みになっています。そのため一般的なビザのようにパスポートにスタンプやシールが押されることはありません。ETASによる入国許可は空港でのチェックインの際も、オーストラリアでの入国審査の際もコンピュータ経由でチェックされる仕組みになっているので、特に携帯が必要な書類もありません。


ETAS申請方法

申請はインターネットからオーストラリア政府移民局のページにアクセスして行います。

▶︎ オーストラリア政府移民局 ETAS申請ページ

システムは日本語にも対応しているので英語が苦手な人でも心配はありません。必要なものはパスポートとクレジットカードとメールアドレスの3点、申請料の20オーストラリアドルはクレジットカードで支払います。画面に従って必要事項を入力し、支払いが完了すると申請が完了です。たいていすぐにETAS承認許可のメールが送られてきます。ETASの手続き状況はウェブサイトで確認できます。確認時は申請時に発行された参照番号が必要なので、手続き後に受信したメールは保存しておくとよいでしょう。

また、旅行会社や登録代行会社を利用して申請する方法もあります。自分で申請するのと違い、手間や不安もありませんが、それぞれ申請代行手数料がかかります。旅行会社で航空券の予約などと一緒に頼むと便利です。代行業者に依頼した場合、登録完了後は各社ともに登録証明をメール、ファックス、郵送等で連絡があります。法的な効力はありませんが、会社として登録が完了したことを証明しているので、大切に保管しておきましょう。

なお、登録内容の確認は忘れずに行ってください。会社によっては手作業で入力しているところもあり、スタッフのミス入力ということ起こることもあります。自分でしっかり確認しておくことが大切です。


ETASの申請時期

オーストラリア政府の公式サイトから申請すると、ほとんどの場合登録後すぐにETASの受諾可否が表示されます。また、旅行会社や代行業者を利用した場合も、平均1~3日程度で登録は完了できると思います。

ETASは出発日までに取得しておけばよいのですが、初めてお子様が留学に参加する場合などは、出発が決まったら早めに申請しておきましょう。出発前に慌てることなく、余裕を持って取得出来ます。また、代行業者は早割制度(だいたい1か月が目安)などを設けているところもあります。


ETASの期限

ETASは取得後1年間有効です。1年以内であれば何度でもオーストラリアへ行くことが可能になります。

ただ、ETASの有効期限よりパスポート有効期限が早く切れる場合は注意してください。ETASの有効期限はパスポートの有効期限とリンクしています。パスポートの有効期限が切れると同時に、原則ETASの有効期限も切れてしまいます。滞在期間をカバーしているパスポートがあれば残存期間が短くても旅行は可能ですが、ETASの有効期限がパスポートの有効期限までに短縮されてしまいますので事前に更新しておくことをおすすめします。

ETASで滞在できる期間は最長3か月です。オーストラリアに入国した日からカウントがスタートするので、必ず空港で到着した日を確認しましょう。もし、オーバーステイしてしまった場合は今後オーストラリアへ入国できなくなる場合がありますので注意しましょう。


お問い合わせ・資料請求

中学生・高校生・大学生
短期留学または長期留学をサポートいたします。

QRコードでLINEの友だちを追加

LINE@からお気軽にお問い合わせください


お役立ち情報