QRコードでLINEの友だちを追加

海外旅行に行く前に電圧をチェック!スマホの充電やドライヤーはどうする?

旅行や留学で海外に行くとき、スマホはもちろん、女の子ならドライヤーやヘアアイロンなどの電化製品も持って行きたいですよね。でもその電化製品、海外対応していますか?

コンセントに流れている電気には「電圧」という数値があります。この数値は国によって違います。日本の電圧は100Vボルト、これは世界で一番低い電圧です。海外は110V~240Vボルトで、ほとんどの国が日本より高い電圧になります。もし、その国の電圧に対応していない電化製品を使うと故障したり、火災の原因になったりして危険です。どうしても使いたい場合は「変圧器」というものが必要になります。「変圧器」とは、電圧を変換するための機器で、日本の電化製品を海外でも使用できるよう調製するための装置です。ただ、「変圧器」は見た目以上に重いものが多く、持ち運びはなかなか大変です。

最近の身近な電子機器は変圧器が必要ないものも多くあります。海外に行くときは、電圧の確認は必ずしておきましょう。各国の電圧はネットで調べることも出来ますし、ガイドブックにも載っています。持っていく予定の電化製品がその国で使えるかどうかも調べて、変圧器が必要かどうかを判断してください。


電圧の確認

電化製品の電圧は本体や充電器やアダプターに書いてある表示で確認出来ます。表示されている中で「入力(INPUT)」が「100V-240V」となっていれば100V~240Vの幅広い電圧に対応しているということです。このように、幅広い電圧に対応した商品であれば、海外でも使えるので安心です。もちろん変圧器はいりません。

逆に、AC100Vと表示されている場合、100Vの電圧の国でしか使用できません。この製品を海外で使う場合は変圧器が必要になります。


スマートフォンやパソコン

スマホはいまや日常生活の必需品になっていますね。中学生・高校生・大学生のみなさまが、短期留学で海外に行くときも写真を撮ったり、友達と連絡をとったり、スマホを持っていく人も多いと思います。最近のスマートフォンやパソコンは、ほとんどの機器がユニバーサル仕様になっているので、世界中の異なる電圧に対応しています。今すぐにご自分のスマホの充電器を確認してください。「100V-240V」という表記があれば、特に変圧器は必要ありません。

必要になるのは、スマホ本体やパソコン本体、そしてスマホであればその充電器、パソコンであればアダプター、そして海外のコンセントにつなげるための「変換プラグ」は必ず用意しておきましょう。


ドライヤーなど消費電力大きい家電

変圧器があれば日本の電化製品がなんでも使えるというわけではありません。音楽プレーヤーや携帯電話、カメラなど消費電力が低いものは問題ありません。しかし、ドライヤーや炊飯器、アイロンといった消費電力が大きなものは、一般的な変圧器は使えません。専用の変圧器が必要になりますが、これは価格的も高めで、重たいものが多く、通常の海外旅行や留学には不向きです。

一番身近なもので、例えばドライヤーの場合におすすめするのは、日本で海外対応のドライヤーを買っていくことです。海外対応の製品であれば変圧器は必要ありません。価格も選べますし、なにより日本の海外対応(旅行用)ドライヤーは、小型で軽量で、持ち運びに便利なものが多いです。

短期留学でホームステイをする場合は、ドライヤーはホストファミリーに借りることができます。


ほかにも海外対応の電化製品は色々あるので、自分にあった旅行用品をそろえて、コンパクトに快適に旅を楽しんでください。



お問い合わせ・資料請求

TEL:0794-85-6601